この記事では、工業用内視鏡であるボアスコープの概要を説明します。

機器の目で見えない部分を見るためのツール

日本語では硬性鏡とも呼ばれるボアスコープは内視鏡の一種で、主に工業用として用いられます。

金属製のチューブにライトガイドと映像を伝える光学系を通したもので、外部からの光を用いて先端に光を届け、映像、画像を撮影します。

主要な用途としては、機械の内部で目視できない部分を確認、検査があります。ジェットエンジン検査や、ロボットの目に利用され自動検査装置として使われるなど、幅広く用いられています。

また、近年一般化した用途として、デジタルカメラなどにボアスコープを接続し、パソコンやテレビにデータを取り込むというものもあります。今後、ますます使い道が広がっていく可能性のあるツールです。